マヌカハニーについて

マヌカハニーは、高い抗菌活性力を持ち、腸内の悪玉菌の活動の抑制から殺菌までを行うことが可能です。また、食品としての栄養価も高く、副作用の可能性も無いことから大変人気を集めています。そんなマヌカハニーには次の様な効果・効能があると考えられています。

 

●胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌の抑制。

●抗ウィルス作用があり、風邪・インフルエンザ・花粉症などの予防。

●喉の痛み・口内炎の症状緩和。

●傷口、火傷の殺菌。

●消化機能へのサポート。

●健康的な毎日を実感 (笑)

________________________________________________________________

【MG値】について

ニュージーランドでは、マヌカハニーの活性成分メチルグリオキサールが1kgあたりに含まれる量(mg)を数値化した「MG値」表記の義務付けが進んでいます。「MG値」の検査方法は、「UMF」よりも誤差が少なく正確で、さらにその検査体制もより厳密なものであるといわれています。数値の後に記載している「+」はその数値以上という意味になります。

MG値レベルに対しての使用目的は、

MG値(~250):お手軽な栄養補給に。

MG値(250~500):適度な抗菌活性あり。

MG値(500~):高い抗菌活性があり、消化器系や口腔系にも効果があると言われる。

目的に応じて、お選び頂く事をお薦め致します。

 

マヌカハニー